スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超回復 : 筋トレの基盤となる理論

【超回復】

筋肉トレーニングで、筋繊維を傷つけると、
回復した時、傷つけられる以前よりもほんの少し太く強く再生されます。
そこで何もしなければ、次第に元に戻ってしまいます。

超回復した後、筋力が元に戻る前に、次なるトレーニングをし、超回復を重ねてく。これを繰り返すことにより、筋肉がアップしていきます。

これが基本理論となります。






【超回復の時間】

筋肉を傷つけて、回復するまでの時間です。
およそ48時間~72時間

つまり、筋トレをした後、次のトレーニングをするのは48~72時間後ということになります。
(同じ部位の筋トレについて)

筋トレ強度によっても変わってきますので、筋肉痛などを一つの目安にし、回復しているかどうか、自分の体と対話をしてみて下さい。

筋肉が回復していないうちに次の筋トレを行うと、傷ついた筋繊維が回復する期間が失われ、ダメージが蓄積し、逆に筋力低下を招いてしまうおそれさえあります。


筋肉が超回復するまでの間、休息と栄養を十分に取る必要があります。





激安タイムセール実施中! 高品質で圧倒的低下価格のトレーニング器具

<< 筋肉トレーニングの基礎知識 | HOME | 筋トレ負荷強度の設定 >>

プロベラ 10mg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。