スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速筋と遅筋




ダンベルを使った筋トレ方法 アニメーション解説
TOPページはこちら









<< 速筋繊維と遅筋繊維 >>


筋繊維には大きく2種類ある。


速筋
速筋繊維:ミトコンドリアは比較的少なくピルビン酸による瞬発的な収縮の可能
(白筋)
瞬発力を引き出す。
また速筋は無酸素運動の時によく使われる。
疲れやすい
筋肥大しやすい
高負荷低回数のトレーニングが効果的。


遅筋
遅筋繊維:ミトコンドリアに富んで酸素を利用した持続的な収縮の可能
(赤筋。酸素結合性タンパク質、ミオグロビンが色の原因)
小さな筋肉
ゆっくり収縮
持久力を引き出す
有酸素運動の時によく使われる
筋肥大しにくい
疲れにくい
低負荷高回数のトレーニングが効果的。
またジョギングなどの有酸素運動が効果的。



両者の性質を備えた中間筋の存在も認められている。

<< フロントレイズ : ダンベルでの肩の筋肉トレーニング | HOME | ダイエット・筋トレで理想の体系を >>

プロベラ 10mg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。