スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット・筋トレで理想の体系を



ダンベルを使った筋トレ方法 アニメーション解説
TOPページはこちら








基本的には、余剰エネルギーのない環境で筋肉を増やせない。余剰エネルギーのある環境で脂肪を落とせない。

筋肉を付けて脂肪を落としたい場合、増量期と減量期を明確に分け、筋トレを実施する必要がある。

減量からのスタートになる場合も、筋トレを中心に運動を行うのが効率的な方法。

減量を進めるうちに、自分の目標とする体型や体重が見えてくる。

適正な筋肉量まで鍛え筋肉量を維持し、食事制限(カロリー制限)で体重を落としていく。
その過程では、多少体重が増える時期もある。

筋トレは週3回なら十分効果的に行える。
始めてトレーニングする場合は、2~3ヶ月間は強度の漸増は急激には行わないほうが良い。




「太らなくする」のと「既に付いている体脂肪を減らす」というのは別なこと。


「食後に運動する」のと「運動後に食事をする」はそれぞれ利点がある。
前者が「太らなくする」。後者が「付いている体脂肪を減らす」。
これはホルモン系の利用による筋肉や脂肪の発達や分解までどう考えるか。
その利用しやすいのは後者の「運動後に食事をする」方法。




レジスタンス運動は他の方法より成長ホルモン、脂肪分解ホルモンなどの分泌を比較的コントロールしやすい。有効に使うと筋肉が肥大し脂肪が分解されやすくなる。
レジスタンス運動の不安面は、有酸素運動よりもホルモンの分泌が多い事。



<< 速筋と遅筋 | HOME | ベントオーバーローイング : 背中の筋肉トレーニング >>

プロベラ 10mg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。