スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加圧トレーニングとは




ダンベルを使った筋トレ方法 アニメーション解説
TOPページはこちら








加圧トレーニング(かあつとれーにんぐ)

腕や脚のつけ根を専用のベルトで締めつけ加圧
血流量を適切に制限した状態で行うトレーニング法。

血流量を制限
上肢、または下肢に血液を貯留(プーリング)しながらトレーニングを行う
血流が悪くなった腕や脚の隅々まで血液を行き渡らせる
普段は使われないような毛細血管にも血流が流れ込む。
上下肢内の乳酸濃度が高まる。

トレーニング後に専用ベルトを外すと高濃度で溜まっていた乳酸が体内に流れ
それに脳下垂体が反応
成長ホルモンが分泌される。

加圧トレーニングは血流量を制限する
素人が行うことは危険
専門家の下で行うことが必要。



成長ホルモンの効果

骨や筋肉の成長に関わるホルモンの一種
骨の細胞分裂を促し、筋肉を強める作用を発揮。

10代を過ぎると年々減少していきます。
成長ホルモンの分泌量が増えることで新陳代謝が活発になって肌が若返った状態になる。

ダイエット効果も期待。

<< ベントオーバーローイング : 背中の筋肉トレーニング | HOME | 自宅で出来る筋トレ法 >>

プロベラ 10mg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。