スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋トレのセット数

最適な負荷強度を前項目で設定しましたが、それを一回やっただけでは、大きな効果は望めません。
セットを何回かこなす必要があります。
ここでは最もポピュラーなセットの組み方をご紹介します。



【筋肉トレーニングにおけるセットの組み方】

セット間のインターバルは90秒ほどにします。
もっと短くしても良いと思う場合は、短くしてOKです。
短くすることにより糖質のエネルギー消費が多くなり効果的です。
ただしインターバルを短くしすぎると、最適な回数をこなせなくなるので注意です。


・1、2セット目
まずは少し軽めの負荷強度でウォーミングアップを行います。
(15~20回出来る程度の負荷強度)
これを2セット


・3セット目以降
負荷強度を上げ(8~13回が限界の負荷強度)
それを3~5セット程度行います。


ここで一番重要なのは最後のセット。
精神の限りをつくし、限界のさらに上限まで追い込みます。
この追い込みをするために、いままでの回数があったとも言えるぐらいです。
この追い込みを『オールアウト』と言います。

オールアウトについては次項で。







激安タイムセール実施中! 高品質で圧倒的低下価格のトレーニング器具

<< 筋トレ負荷強度の設定 | HOME | オールアウトの方法 >>

プロベラ 10mg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。